home index previous next

幕間劇−4−その6

「大人達の時間 スィートタイム1」
ルウ成人

「まあ、とりあえず、私が1番目に。」
と、ルウは言った。(なんかの期待に頬を赤らめながら)

ファリィは状況をややこしくするのがイヤだったが、ルウは複雑な人生というのが好きなのである(爆)