home index previous next

第7話その1 学園惑星


ロムル文明が消滅してから数億年後。
その銀河系では別の動物種が新たな銀河文明を興していた。

この章は、銀河文明の1つ、「テルス」と呼ばれる星から発生した文明のお話である。


<春霞の桜森III>
ルカステルス


テルス星から離れること数百光年、植民惑星ルカス・テルスは別名「学園惑星」と呼ばれていた。
この惑星に、テルス系の学究教育訓練施設が集中して作られたからだ。

学園の設立から数百年が経過して、テルス系以外の星系からも人員を受け付けるようになった。
さらにまた数百年が経過したころには、
ルカス・テルスは人種、文化、宗教が入り乱れ、混沌とし、それでも学究の志は尊ばれ、自由の風が吹いていた。

イラスト手前の宇宙船は、ルカス・テルスの宇宙一般校、技術工学部、宇宙船部門、操船科所属の実習船「春霞の桜森III」
宇宙船パイロットを目指す学生達が実習をする船である。
船体には巨大な花の落書きがある。これはとある学生の(自主的な)卒業記念作品ということである。