home index previous next

第1話 惑星セーレン

地球人が自分の住む惑星を「地球」、「大地」と呼ぶように、その星の住人は自分たちの星を「地球」という意味の言葉で「セーレン」と呼んでいた。

遙か昔。
惑星セーレンにおいて、生命は海中より発生した。
発生するやいなや生命は生物となり、増殖を開始した。
生物は進化し、ときには絶滅し、数十億年が経過していった。

惑星セーレンでは、生物は全て植物だった。惑星の表面は植物で覆い尽くされていた。
やがて植物の仲間から知的生物が現れた。(注1)
同じころ、植物を食べる生物が現れた。
知的生物は捕食者から逃れるために、文明を発達させていった。
充分に文明が発達すると、この知的生物はセーレン上の捕食者を一掃することにした。
捕食者は他の星々へ放逐された。

注1
このときまでにセーレンに現れた生物は全て植物であり、動物はいなかった。
植物とは、光や電磁波、音、重力などをエネルギー源に、体内で栄養分を合成する生物である。
そして、動物とは、食べる一方の生物である。
セーレンの知的生物は「植物」であり、捕食者は「動物」である。
捕食者は1種だけではなく、数万種が一斉に発生していた。


再び植物だけとなった惑星で、セーレンの知的生物は進化を続けた。

セーレンの文明が頂点を極めてしまったとき、
彼らは、この宇宙の中に行うべきことはもう何もないと思った。

セーレンの住人達は、この宇宙を立ち去ることにした。

植物の星

<惑星セーレンと月、人工衛星の図>