home index previous next

第2話 ファリィの誕生

セーレン人がこの宇宙を立ち去るためには膨大なエネルギーを必要とした。
付近の銀河群をすべてエネルギーに還元しても足りないほどだった。

周りの銀河に何もいなかったら、セーレン人は星々をエネルギーに還元していたかもしれなかった。
が、しかし、銀河は生命で満ちていた。
セーレン人が他の星々へ送った動物たちが進化し、宇宙航行を始めていたのだ。
これを滅ぼすようなことをセーレン人は好まなかった。

そこで、セーレン人は、特殊なエネルギー発生器を創ることにした。

セーレン人が知る限りでは、宇宙で最も巨大なエネルギーを発生しつつ、制御することができる機構は、セーレン人の精神体そのものであった。(注2)

注2
セーレン人は、物理的実体としての本体とは別に、独立した精神体を発生するまでに進化していた。
いわば強力な超能力者である。

セーレン人は自身の精神体をモデルに、さらに強力で洗練され、庇護のない新たな精神体を創造することにした。
この新しい精神体には、必要な機能の他に、セーレン人達が生命体として生きてきた経験と記憶、想い出、後悔、反省、理想や希望、願い、などが込められていた。
なぜならば、この新しい精神体は、けっして消滅することのない存在として、セーレン人がこの宇宙に存在していた記念品でもあるからだ。

こうして、新しい精神体は創られた。
名前は「フェラール・ファリィ」と付けられた。

只今制作中

<セーレン人はフェラール・ファリィを創ったの図>