home index previous next

第2話その2

「フェラール」とは、セーレン人の言葉で、精神体だけで存在する生命という意味である。
「ファリィ」とは銀色:周囲を映し出してそれ自体は色を持たないが実体は存在するという意味である。

セーレン人達は、役目を終えたフェラール・ファリィが動物達と交流しやすいように配慮した。
精神体として創られていたものの、その姿は、最近宇宙航行を始めた動物達に似せられていた。
なぜならば、彼女は、セーレン人がこの宇宙から立ち去った後にたった1人で残されることになるからであった。
作業を制御するために、フェラール・ファリィには高い知性が与えられていた。
そのような知性が1人で残されることは残酷であると思えたのだ。

産まれたときに親はいなかった

<フェラール・ファリィは発光しているのではた迷惑なのであったの図>