home index previous next

第3話その2

ロムル人達はフェラール・ファリィが何者なのか、判らなかった。
ファリィも特には自己紹介しなかった。
ただ、その身体が発光していたため、何か異常な物件として調査されることになった。

しかし、ファリィは生まれたばかりで、分別というものを持っていなかった。


青年将校

<ロムルの調査担当官ノース・マリーン君は、
 ファリィにちょっとホの字である>