home index previous next

第3話その3

二人だけのデート

ロムル人はファリィを隅々まで検査した。
ファリィは不機嫌になり、怒り、ロムル文明を滅ぼす寸前の状態だった。

そんなとき、ファリィはロムルの青年将校に出会った。
その青年はファリィに一目惚れしていた。
青年将校の好意にファリィは反応した。
彼女はまだ分別がなかったので、好意を寄せた青年に無条件でついていった。







ロムル人は老化するが、フェラール・ファリィは変化しない。
ファリィはそのまま青年に引き取られ、彼が老衰で他界するまで一緒にいた。

ファリィは多くのことを学んだ。
自分は、生き物たちに関わることが楽しいと感じること。
特に自分に向けられる感情と、自分自身の感情がきれいにかみ合うときが1番嬉しいこと。
しかし生命は、失われやすく、また常に変化するものであること。
青年の思惟がファリィに流れ込み、ファリィに人間性というものを教え、与えた。


100年ほど経ったある日、ファリィと連れ添ったロムル人は、ファリイを愛したこと以外の全てを忘れ、他界した。
その日、ファリィはロムル文明圏を離れ、以後ロムルが滅亡するまで戻ることはなかった。

ずっと若い妻

<黄昏刻>