home index previous next

第3話その4


ファリィはそのまま青年将校に引き取られ、彼とともに暮らし始めた。

彼女は外見的には普通の女性だったが、普通のロムル人が普通に持っている生活上の知識は全く持っていなかった。
青年将校はファリィに歯の磨き方、服の着方、生活器具類の使い方、いわば常識といわれるものなにからなにまで全てを教える必要があった。
また、常識の他に、ロムル人が持っている感情や心情というものも教える必要があった。
彼女の感性は、ロムル人とは全く異なっているようだった。
彼や他の人たちが美しいと感じるものを明示しながら教育は進んでいった。


ファリィは、自分が生き物たちに関わることが楽しいと感じることを認識した。
特に自分に向けられる感情と、自分自身の感情がきれいにかみ合うときが1番嬉しいことを認識した。
ノース・マリーンの感情と自分の感情がかみ合っているとき、それが愛情というものであると認識した。


しかし生命は失われやすく、また常に変化するものであることを、認識した。



ロムル人は老化するが、フェラール・ファリィは変化しない。
100年ほど経ったある日、ファリィと連れ添った調査官は、ファリイを愛したこと以外の全てを忘れ、他界した。
その日、ファリィはロムル文明圏を離れ、以後ロムルが滅亡するまで戻ることはなかった。