home index previous next

第4話その1

フェラール・ファリィは長い旅をしていた。

星から星へ、銀河から銀河へ渡り、数多くの文明と接触した。
そして、様々な経験を積み重ねていった。

接触した文明社会にうまく紛れ込む方法、生活を立ち上げる方法、正体を偽ること、文明によけいな技術を与えないこと、・・・。


ある星とスターシップ
<アムラック星とファリィの船>


ある日、ある銀河のある星系のある惑星で。
ファリィは恋人を見つけた。

その星の文明を作った知的生物は、ロムル人のような形をしていなかった。
彼らは自分たちの文明を「アムラック文明」と呼んでいた。
同じように、自分たちの星を「アムラック星」、自分たちを「アムラック人」と呼んでいた。

ファリィの新しい恋人はアムラック人であった。。

つづく