home index previous next

第4話その2

アムラック星にはロムル人のような形の人類も居た。
アムラック人はその人類を使役動物として扱っていた。
アムラック人から見れば、ファリィも使役動物であった。

ファリィの新しい恋人は、辺境の領主の1人であった。

彼は、領主としては、とっくに跡継ぎの子供を作っていてしかるべき年齢に達していた。
が、彼にとってはその行為を想像することさえ苦痛以外の何ものでもなかった。
彼は、同族種であるアムラック人の女性に全く興味がなかったのだ。


彼の名は「ウォーターレイ」という。
ウォーターレイは、彼の種族の中では極めて高級高尚な職業とされている精密人形創作者であった。

アムラック人が作る人形は、機械的からくりや有機的ロボットではなかった。
「存在とはかくあるべし」という概念を特定の空間に固定化したもの・・・に近かった。
魔法的存在と言う方が近いものがあるかもしれない。
アムラック人は、生産活動を使役動物と人形達にまかせ、隠居的な生活をしていた。
種族的にはゆるやかな衰退の道を辿っていたのだ。


ウォーターレイの精密人形創作者としての腕は極一級であった。
しかし、彼のモチーフは常に使役動物の女性であり、これを彼の社会は忌まわしき異端とみなしていた。

使役動物

<ウォーターレイは人形を創る>

つづく