home index previous next

第4話その3

ウォーターレイは使役動物の女性に異常な感心を持っていた。
それは、愛情と言った方がよいような感情だった。

ファリィは淋しい魂に惹かれる傾向があるようだった。
ウォーターレイが目の前に現れたとき、ファリィには彼が独りぼっちでひどく淋しそうに見え、思わず手を差し延べてしまっていた。
ウォーターレイの方も、ファリィが群からはぐれ、保護を必要としている小さな子供に見えていた。
二人は互いに互いを思いやり、やがて深い愛情を交わすようになっていった。

結婚しました
<ファリィと娘>

つづく