home index previous next

第4話その4

ファリィ「どうして自分の子供がかわいくないなんて言うのよ。」
ウオーターレイ「僕の趣向は判っているはずだ。」

ウオーターレイ「僕は君と同じ姿の子供が欲しかったんだ。」
ファリィ「そうかなあ・・・私はあなたの種族の子供で嬉しいんだけどなあ。」
ウオーターレイ「僕らの子供達が嫌いなわけじゃあないよ。」
ファリィ「ふ〜〜〜ん。」

会話
<ウォーターレイとファリィ>

ウォーターレイ「そういえば・・・。」
ファリィ「なに?」
ウォーターレイ「生物学的に、こんなに異なった僕たちの間に子供が出来た・・・」
ウォーターレイ「その仕組みを考察していたら、新しいアイデアが浮かんできたんだ。」
ファリィ「アイデア?」

ウォーターレイ「全く新しい人形の制作方法だ。」


つづく