home index previous next

第4話その7

ウォーターレイの星は消えたが、種族が全滅したわけではない。
母星の他に植民星がいくつか存在していた。
ウォーターレイは家族を連れて、最近植民が始まった星の、まだ誰もいない大陸へ移住した。

ウォーターレイはその土地で人形を作り続けた。
人形は、ウォーターレイの心のままに生み出されていった。
人形は、彼が想いを凝らすと、ファリィの精神実存性を媒体として、一瞬のうちに存在を始めるのであった。

彼にしてみれば人形は、彼が望んだ、彼とファリィの子供であった。

なにしてんだか
<人形=ウォーターレイシリーズ01〜10000>


年月が過ぎた。
ファリィが生んだ大勢の子供達(アムラック人の子)は各々独立し、他の大陸へ旅立っていた。

ウォーターレイは、人形を1万体作ったところで寿命が尽きた。

「これだけいれば、永遠に生き続ける君でも寂しくないだろう・・・・」
「人形達は、君がいる限り存在し続ける。僕の代わりに。」
「君にとってはただの人形に過ぎないかもしれないが・・・・」

「それから、いろいろと仕掛けをしといたから(笑)」

最後にひとつ、謎を残してウォーターレイはこの世を去った。


ファリィは1万体の人形を連れて、再び放浪の旅に出た。

この章おわり。