home index previous next

第5話 残された者の船 その1

ファリィは宇宙を放浪していた。
特に行く先も、目的も、思い浮かばなかった。
ただ1人、逝ってしまったウォーターレイの想い出に浸っていた。


ファリィの船は完全自給自足鑑である。
ファリィ自身も、「食べたい」と思わない限り食料は必要なかった。
そのため、ファリィが何もしないと本当に何事もなく永遠に放浪を続けてしまう船であった。
しかし今や船の中には、なにかと世話を焼きたがる人形達が大勢乗っていた。


しばらくして、人形達は漂流船を発見した。
「艦長!漂流船ヲ発見シマシタ。自由慣性航行シテイマスガ、中ニハ生物ガイマス。」
「何か発信しているか?救難信号らしきものとか?」
「イエ、何モ。能動的ナ行動ハアリマセン。漏洩電波ガ観測サレテイマス。現在、言語ヲ分析中。」
「ふ〜〜ん。近寄ってみよう。」
「ワカリマシタ。」

放浪のファリィ
<薔薇の女王の艦橋にて>



その漂流船は、船体にごちゃごちゃした構造物が付いている大型の宇宙船だった。
まず核になる船体が在って、そこに、必要に迫られ応急的に設備を付け足していったような船だ。
おそらくは、ある文明の全盛期に造られ、改造に改造を重ねて文明末期まで生き残ったのだろう。
船は、いったい何を見てきたのだろうか。
そこはかとなく、船の意識のようなものが感じられた。

*****○○○○○○○○○年○月○日 ファリィの航海日誌より*****




出会い
<薔薇の女王と漂流船ミナスエグラス>

作註:「ミナスエグラス」なんていう名称は「指輪物語」の影響ですな(^_^;)

作註:ファリィは日記を付けていたのか(^_^;)知らなかった(笑)