home index previous next

第5話 その2

漂流船の中には生物がいた。
その生物は、ロムル人に似ていた。
姿は子供のようであり、仕草も動作も声も会話も子供のようであった。
子供のようであるが、生体機能からみてこの生物達はこれで大人であった。
ファリィには、この生物達がこの漂流船の主であるとは思えなかった。

ぴよぴよ

その生物達は、ファリィに気付くと親しげに寄って来た。
「?<*〜¥#&%$#−/*+=>?」
(訳:かんちょうーおかえりなーい。)
「?><〜@¥=+*/−#$%&?><+*/−*+%$&#」
(訳:いままでどこいってたのお?しんぱいしちゃったあー)

子供達(?)は、どうやらファリィをこの漂流船の艦長と勘違いしているようだった。
間違えるということは、艦長はロムル人形態の生物であると思われた。
しかも、その艦長は行方不明らしい。

つづく