home index previous next

第5話 その3

ファリィは漂流船の艦橋に案内された。
そこにはやはりロムル人のような生物がいた。
その生物は、先ほどまでの子供のような生物とは体型が異なっていた。

その生物が言葉を発した。
「+=*&%$%&#」
(訳:私と同じね。)
るう


「この船の子供達は全て人工的に創り出された種族である。」
突然、目の前に浮いていた球体達が語り始めた。

「私はこの船の操作および保全業務を行う人工知能である。」


人工知能が語ったところによると、
この船は、艦長夫婦のいざこざがもとで推進用動力装置が壊れ、漂流する羽目になったらしい。
およそ16年前のことだそうだ。
この夫婦喧嘩で艦長夫婦はともに死亡し、あとには目の前にいる娘が残されたということだった。

さらに人工知能の話は続いた。

つづく