home index previous next

第5話 その4

人工知能の話は続いた。
「この船の子供達は、生糸を採取するために作られた種族である。」
「生糸は子供達が子供を産むときに作る繭から採取される。」
「繭の採取量を上げるため、子供達は子供をたくさん生むように設計された。」

 作註:ちょっと翻訳がおかしい気がする・・・仮に、この種族をシルクメイカーズと呼ぼう。


「全ての個体から生糸を採るために、シルクメイカーズは雌雄同体に作られた。」
「希に染色体が2倍または3倍有る個体が生まれることがある。」
「このような倍数体は知的能力が高く、シルクメイカーズの群を統率する役目を持つ。」
「そこにいる娘が倍数体である。」


「私は倍数体だけど、リーダーじゃないわよ。」
ファリィの目の前の、胸の大きな娘が答えた。


「私は、「ルウメリオン」です。」・・・と倍数体の娘。
「私は、「おやっさん」と呼ばれている。」・・・と人工知能。

「私は・・・「ファリィ」だ。」



ほよ〜〜

「ルゥ、なにしてるの〜〜〜〜〜〜〜?」
「にゃ?」
1人のシルクメイカーズと、ぬいぐるみのような生物が声をかけて来た。

つづく