home index previous next

第5話 その5

この船は、一応、自称「おやっさん」の人工知能が管理していた。
「ルウメリオン」は未だ若く、シルクメイカーズからリーダーとして認められていなかった。


「リーダーが不在でも支障はない。」と「おやっさん」は言った。
「今の問題は、船が壊れていることだけ。ファリィは修理することができるか?」
「修理か・・・・・・推進用動力装置はどっちだ?」
「あっち〜〜」
「にゃあ」

推進用動力装置は、船尾の巨大な機関室の真ん中でひしゃげていた。
「前の艦長夫妻の夫婦喧嘩で壊れたのだ。」
「どんな夫婦だったんだ(^_^;)」

「これはもう、修理するより新しく作った方がマシだと思う。私の船と同じタイプのエンジンを付けてあげるよ。」
そう言うとファリィは空間をひねり、純粋エネルギーからエンジンを創り始めた。

なつかれる
「わくわく」
「みゃあ?」
先程、声をかけてきたシルクメイカーズと、ぬいぐるみのような生物は、なにやらファリィを気に入ったらしく、くっついて離れなくなった。

「それって、いいエンジンなの?」ルウメリオンが訪ねる。
「高出力で粘りがあるいいエンジンだよ。無整備でも壊れないし。ちょっと宇宙が小さくなって冷えるけど。」

つづく