home index previous next

第5話 その6

船の推進用動力装置が直ったことで、一応、船はどこにでも行けることになった。
しかし、ルウメリオンにも「おやっさん」にも、行く当てはなかった。


「リーダーが不在というのはこういうことか。行く目的地がないなんて・・・。」
ファリィは自分のことを棚に上げて、ちょっとあきれた。
「船には補給が必要だ。食料および空気と水の循環が限界に来ている。」と「おやっさん」は言った。
「それが目的。」
「そうかなぁ〜〜〜。」


「艦長、ココヨリ35光年先ニ補給可能ナ惑星ガアリマス。」
突然、船内に声が響いた。
「え?誰?」ルウメリオンがあたりを見回すが、誰もいない。

「私の船から言ってきた。・・・そこへ行ってみるというのはどうかな?」

「にゃあ」
「行きましょう、おやっさん。なんか良い星のような気がするわ。」
「判った。では、詳しい方向と距離を教えてくれ。」

船は発進し、やがて1つの青い星にたどり着いた。


「そうそう、お客様達にも知らせなきゃね。もしかしたらここで降りるかもしれないし。」
「お客様?」
「ちょっと前に漂流船を拾ったのよね。それに乗っていた人たちがいるの。」
「漂流船が漂流船を拾ったのか?このあたりの宇宙はそうゆうのが多いのだろうか。」
野菜炒め

<漂流船に助けられた漂流船の人間達>
曰く、
右端の男:「話せば長いことながら、要は俺達に関係のない戦争に巻き込まれ、撤退した先がここってことさ。」
手前の女:「女と男がいれば、人間、どこででも暮らして行けるものよ。ね?」
手前の男:「俺達ならどこだって構わない。冒険があればなお良しってな。」
左端の男:「ふっ、異境の地を旅するのもまた一興。」
その他、35名。
彼らはシルクメイカーズよりロムル人に近かった。

つづく