home index previous next

第5話 その7

そして、船は1つの星にたどり着いた。

この星は、シルクメイカーズを作り出した種族の、忘れ去られた植民星のようだった。
植生を始めとした環境全般がシルクメイカーズに適していた。

ルウメリオンはこの星が気に入ったので、種族全員を連れて地上に降りた。

漂流船に拾われた漂流船の人間達は、この星で新たな生活を始めることにした。

ファリィは、しばらくこの星に滞在することにした。

Say kiss me.

<ニャン・ミア星にて・・・ルウメリオン>

「ねえファリィ、わたし、雌雄同体なのよ。」

つづく