home index previous next

第5話 その8

「ねえファリィ、わたし、雌雄同体なのよ。」
「わたしは、もっぱら女性だ。」
「あなたは自分のからだを自分の思うように変えることができる力を持っているでしょ?」
「できるけど、どうしてそんなこと知っているんだ・・・。」
「にゃ〜〜」
「私の推測は100%当たっちゃうの。」
「そんなことあるのかな。」
「他はどうか知らないけど、わたしはそうなのよ。」
「だから、あなたも私と同じ雌雄同体なからだに構造を変えて、それで私と結婚しましょう。(^o^)」
「にゃ?」
「ちょ、ちょっと待ってよね〜〜〜(^_^;)」
「せっかく定住できる星に着いたんだから、ここをわたしたちの子供で埋め尽くすのよ。」
「何を考えているのやら。いきなりだな〜〜。」
「にゃお、にゃお、みゃん」
「ま、あなたもファリィと結婚したいって?」
「え?」
「みゃん」
「じゃあ、2人まとめてっていうのはどうかしら?」
「にゃあ、にゃ」
「あのね。」
「あなたは、自分のからだだけじゃなくて、他の生物の構造も変えられるでしょ?」
「この子を私と同じにしてしまえば問題ないわ。」
「3人で子孫を増やしましょう\(^o^)/」
「あのねぇ・・・・・・・・。」
「いやなの?」
「にゃあ〜?」
「もう少し、その、恋とか愛情とか、そういうのはないのかなぁ〜〜〜。」
「恋なら、最初に会ったときからしているから大丈夫よ(*^_^*)」
「にゃん」
「今のところ、その気はない。」
「まあ、先のことはわからないけど。」
「1年後のあなたは私たちを愛していると思うわ。」
「私の推測は100%当たるのよ⌒∇⌒」

「それはそうと、1年間はこの子にとっては長すぎるわ。」
「からだの構造を変えてあげないとたちまち年を取ってしまうわよ。」
「にゃ〜〜〜〜」
「なんか気が進まないけど・・・ま、いいか〜〜。」
「こうか?」
「みゃ?」

どろろ〜〜〜〜〜〜〜ん
ぬいぐるみのような生物は、たちまち人間型に変形した。

にゃ?