home index previous next

第5話 その9

ニャン・ミア星年表(おおよそ)

元年 ニャン・ミア星に住みだした。全人口12000人。
2年 ルウメリオンが出産。ぬいぐるみのような生物が出産。
漂流船に拾われた漂流船の人間達にベビーブーム。
20年 異種族間での結婚が始まった。
100年 人間達の第一世代最後の一人が亡くなった。
1000年 純粋なシルクメイカーズはルウメリオンだけになった。
3000年 人口10億人を突破。
3200年 寿命でぬいぐるみのような生物が死亡。
4000年 寿命でルゥメリオンが死亡したので、ファリィは旅立った。
4500年 ミナスエグラス修理完了。隣の星系に植民開始。
5000年 とある異種人類系の星に移民。そこの住人達と混じり始めた。
10000年 ニャン・ミア族がファリィを捜索し始める。


結局のところ、ニャン・ミア星は、4種類の生物(シルクメイカーズと漂流船に拾われた漂流船の人間達と、ファリィとぬいぐるみのような生物)がほどよく混じり合った子孫でいっぱいになった。

子供達は、長いしっぽとけもののような耳を持ち、雌雄同体で寿命が長く、丈夫で多産だった。
また、冒険心と好奇心に富み、新しい土地を目指して旅立つことを厭わなかった。


ニャン・ミア族は、大抵の人類型の生物と交配可能だったので、新しい星に人類のような種族を見つけると積極的に移住した。
しかし、新たに生まれる子供は全てニャン・ミア族になった。
ニャン・ミア族が移民した星の住人は、やがてニャン・ミア族だけになってしまうのだった。

様々な星の様々な文化、科学技術を吸収し、ニャン・ミア族は宇宙最強最大の勢力になっていった。

にゃん

<ニャン・ミア族の子供>



ニャン・ミア族は、他の知的生物と同様に、1つの命題をかかえていた。
「我々はどこから来て、どこへ行くのか?我々は何者なのか?」
幸運なことに、始祖の一人は絶対に死なないので、今も宇宙のどこかにいるはずだった。
彼女に聞けばよいとニャン・ミア族は考え、捜索することにした。

探される立場になったファリィは、うっとうしいので、逃げ出した。

「自分で決めなさい。」などと言って納得するとは思えなかったし、もし捕まったらそのまま永遠に捕りっぱなしになりそうだったからだ。

かくして、ファリィの逃亡が始まった。

第5話 完

すぺーす、らんなうえい〜