home index previous next

番外編 ニャン・ミア族

ニャン・ミア族は、雌雄同体である。
雌雄同体なので、結婚した二人はどちらも子供を産んだりする。

白と黒

ノート**********************************
ニャン・ミア族
身長:150−200cm(成人)
体重:それなり
けもの耳としっぽ有り。
平均寿命:4000年

髪の色:黒、緑、青、紫、赤、茶、金、水色と桃色、銀色

*ニャン・ミア族は、髪の色と性格の傾向が相関している。
*左へ行くほど内向的、右へ行くほど外向的である。

*また、髪の色と体格も相関している。
*左へ行くほど大柄、右へ行くほど小柄である。

*結婚相手には、髪の色が赤を中心とした対称の位置にある者を選ぶ傾向が強い。
*人口における存在比率は、青−紫と茶−金の位置にピークがある。

*髪の色が黒色または銀色の子供は、10億人中1人程度しか産まれない。
*特に銀色の髪の者は、種族全体のリーダーとして特殊な天才を持つ。
*しかし、銀色の髪の者は常に黒色の髪の者とペアを組ませておかないと情緒不安定になる。


<とある艦隊司令のカップル>
艦隊司令は銀色の髪の方である。
黒色の髪の方は艦隊司令の配偶者。
カップルでいる限り、2人とも安定している。
万が一、片方がいなくなったりしたらもう大騒ぎである。
夫婦