home index previous next

番外編 アルフ17歳

さて、ファリィはなんだかんだ言いながらも長い年月をルメリオンと深く愛し合い、ともに過ごした。
その愛はあまりに深く、互いに溶け合うようだった。
そんなある日、2人は本当に溶け合ってしまった。
溶けた(笑)


数日後2人が分離し、もとの自分自身に戻ったとき、ファリィは妊娠していた。
産まれた子供はファリィと同じ種族であった。
史上2人目の「フェラール」であるその娘は「アルフ」と名付けられた。

<アルフ 1歳>
アルフ1歳


フェラール・アルフは、親のファリィがそうであるように全宇宙で最も強力なエネルギーを発生し、制御できる力を持っていた。無限に生き、決して消滅することのない精神体であった。

アルフは、親や姉妹や姪、近所の人々等大勢の仲間の中で不自由なく幸福に育っていった。
しかし、アルフは自分自身のあまりに大きなパワーをもてあますようになっていった。
アルフに較べて周囲の人々は非力で脆く、儚い生物だった。
母親のファリィは経験豊富で力の制御に隙が無く、そのような人々の間で暮らしていても何も問題がなかったが、若いアルフはときどき力を解放したいという不満を持つようになっていった。

17歳になったとき、アルフは宇宙へ旅立った。

<アルフ・17歳>
17歳

旅立つ日、アルフはもう1人の母親であるルウメリオンに置きみやげをしていった。
それは、自分やファリィと同じ、無限の寿命を得るための道筋であった。