home index previous next

第6話 その1

<グラステルス>
透明な大地


ロムル文明の末期、恒星1つを重力的な閉鎖空間で包み、恒星が発するエネルギーを全て集めて利用する計画が実行された。
計画が成功したのか失敗に終わったのか、ロムル文明の消滅とともに不明なままである。



数億年後。
別の文明が発見したとき、それは変わらず動作していた。

<グラステルスと赤水城>
赤水城

彼らは、中央に恒星を閉じこめた直径4億kmの閉鎖空間と、その外側に浮いている全高30kmの遺跡を発見した。
遺跡からは常時莫大な量の純水が吹き出し、閉鎖空間の表面へ瀑布となって降り注いでいた。

閉鎖空間の表面はガラスような固さと透明度を持っていた。
また、呼吸可能な大気と澄み切った水があり、気温や表面重力は普通の惑星と変わらなかった。
彼らはこの直径4億kmの球体表面を新たな領土とみなし、「グラステルス」と名付けた。

そして、植民が始まった。


つづく