home index previous next

第6話その2

 グラステルスの表面は広い。広いがほとんど何も無い。
 見えるのは青白く光る地平線と、遠くに霞む赤水城だけである。
 上空と足の下には星々が群をなして輝いている。
 ごく希に、遠い昔に落下して、透明な大地で砕け散った隕石の破片が見つかることがある。
 隕石には、グラステルスの大地(閉鎖空間の表面)に衝突したときの衝撃で、次元軸が反転したりねじれたりしている特殊物質が含まれている。


 グラステルスの表面に唯一変化をもたらしているのは、赤水城である。
 流れ落ちる大量の純水がグラステルスに湖を作っている。
 湖は太陽光に熱せられ大気を不安定にし、雲を産む。
 また、流れ落ちる水は下降気流を発生し、複雑な天候を作り出している。
 しかし、赤水城から離れると雲はまばらになり、風は弱まり、空気は乾燥し、星以外何もない世界になっていく。


 植民者達は湖のほとりに集落を作り、隕石に含まれる特殊物質を収集していた。


ある日のこと・・・・植民者の集落からかなり離れたところで
おじゃまでしょか

「こんなところまで追ってくるのか・・・。」
「ちょっと・・・違うみたいよ。あなた、こんなところで何してるの?」
「私は通りがかりの旅行者だ。」



 グラステルスでは、2つの異なる文明が隕石を採集していた。
 2つの文明はともに人類型の生物で、意志の疎通が可能であり価値観も似通っていた。
 彼らは、おおよそ平和的な関係を続けてきた。
 しかし、彼らは交わることはなかった。
 というより、できなかった。
 姿形は似ていたが、混血は不可能だったのだ。

 どうやらファリィは、異なる種族間カップルの、駆け落ちの現場に遭遇してしまったらしい。


つづく