home index previous next

第6話その3

 女の方はテルス星の人類種、男の方はアウラ星の人類種だった。
 姿形は似ているし、意志の疎通も可能であるし、こうやって愛を語らうことも出来る。
 しかし、残念なことに、遺伝子が違いすぎて子孫を作ることができない。

 まるで違う生物間の結婚は、彼らの社会では認められていなかった。
 2人は、長い間秘密裏に愛し合っていたのだが、我慢の限界が来てやむを得ず逃亡してきたのだった。

ふたり

「まあ、こんなことを話したところで何の解決にもならないのだが。」
「話すだけ話したらすっきりしたわ。あとはゆっくり消えていくだけ・・・。」

「このあたりには食料はない。が、街へ帰るわけにはいかない。」


ひとり

「もともとセーレンから追い出された動物種の子孫なんだから、てきとーにまざっちゃえばいいのに・・・」
ぶつぶつとつぶやきながら、ファリィはなにやら考えているらしい。


つづく