home index previous next

第6話その4

ファリィ「・・・ところで、そこの場所、空けてもらえないかな。」

 「その下に妻が埋まっているんでね。」



アウラ人「え?」


テルス人「そんなことは・・・・。」







 「あるわけないって? でもほら。」
埋没人体

ファリィ 「長い幸福な生活の後、私たちは死に別れた。ずいぶん昔のことだ。」
「死んだ後、妻の魂は時間の海に溶けてしまったと思っていた。」

「だけど、娘がねぇ・・・妻に復活の術を施していたんだ。」


「復活の術とは、まず、魂をいくつかに分割し、様々な生物として生き返らせる。」
「それぞれの魂が転生を繰り返した後に、再びもとの人格に統合させると、進化した精神生命体ができあがる。」

「分割した魂は、およそ1000の平行宇宙にばらまかれた。」
「そのうちの1つがここの閉鎖空間に捕まってしまったんだ。」

「私は魂を回収しに来た。」










テルス人「えーと、なんか私たちおじゃまなようね・・・。」



ファリィ「ちょっと待ちなさい。」
「ここに埋まっている妻を掘り出したら、穴を埋めなければいけない。」
「でないと、この閉鎖空間が消えてしまうから。」
「君たちの願望を埋め込むというのはどうだろう?」

「願望?」

「君たちの生殖の願望をここに埋め込むんだ。」
「生の魂の代わりとしては、ちょうど良い。」
「でわ、さっそく・・・。」


アウラ人「どわわわわわわうりゃあわえ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜」(<<カップルの叫び声)



こうしてファリィはグラステルスの大地からルウメリオンの魂を1つ回収した。
代わりに埋め込まれた願望は、グラステルスを変質させた。
グラステルスの上では、異なった種族同士でも子供が出来るようになったのだ。

駆け落ちしてきたカップルは大勢の子供を産み、のちに建国の夫婦と讃えられたと伝えられている。
彼らの遠い子孫の、1人の少女の物語はまた別の機会に。

つづく