home index previous next

第12話 リフレイン その1


2人は、ルウメリオンの分裂した魂を集める旅に出発した。

最初の星に行ってみると、ルウメリオンの魂は1つだけしか回収できなかった。
他の魂の大半は、どうやら別の惑星に存在しているようだった。

「でも絶対この星よ。」と、ルウメリオンは主張した。
ここに居ないけれどここに居ると言うのだ。
「隣の宇宙かもしれない。」



宇宙は1つだけではない。
互いに一切の関係を持たない状態で、いくつもの異なる宇宙が存在していた。
そのいくつかの宇宙にルウメリオンの魂が入り込んだ可能性はあった。

互いに関係のない宇宙なので、こちら側からすると他の宇宙は不確定である。
いくつもの可能性の未来が重なり合っている状態だ。

そこへルウメリオンの魂が入り込んだならば、その宇宙は確定しているはずである。
ルウメリオンに関連するあらゆる事象が再現されているはずだ。




同じような惑星と同じような生物、そして都市や街、同じような人々が別の宇宙に存在する。

偵察の結果、すぐ隣の宇宙にルウメリオンの魂が発見された。その隣の宇宙にも、その隣にも。





1つの魂を回収するのには、長い時間が必要だった。
ルウメリオンの魂が、記憶を失った状態でその惑星の住人に転生していたからである。
いくらなんでも転生した者を殺して回収するわけにいかず、自然に死亡するのを待っているので時間がかかるのだ。

もっとも、
ファリィが転生したルウメリオンと再び恋仲になれば、違った状況で結婚生活を送ることが出来るわけで、ファリィとしては全然苦ではなかった。

一方、ルウメリオンの方は、何回も同じような人生に付き合っているうちにだんだん飽きてきた。

やがて、次からはファリィが単独で魂の回収に向かうことになった。
ルウメリオンは、最初の惑星で待っていることになった。
異なる宇宙どうしでの時間経過には関連がないので、ファリィが何年かかろうと、ルウメリオンにとっては朝に家を出たファリィが夕方には魂を1つ回収して戻ってくる手はずである。




ファリィは、また1つの宇宙にやってきた。
しかし、その宇宙は、今までとは様子が違っていた。