home index previous next

第12話 リフレイン その2


少女は、病室の窓から外を眺めていた。
窓から見えるのは、病院の庭に植えられた大きな木と、遠くのビルディングと、空だけだった。
少女は、もうずいぶん長い間、その代わり映えしない風景を眺めていた。

四季の移り変わりにつれて形を変え流れる雲や、ビルに映る光の色、木の葉の成長を少女は眺めていた。

実のところ、少女は窓の外の風景を見ているようで見てはいなかった。
木に名前を付けて、木の生活を空想したり、
ビルに生活する人々の物語を想像したり、
雲の流れ着く世界の果てを創造したり・・・。
少女は自分の夢の世界を見つめていたのだ。
自分が属さない、病院の外の世界を夢想していた。



少女はずっと入院していた。
父親を早くに亡くし、母親が看護をしていたが、半月前にその母親も他界していた。

少女はもう、自分の夢を見ていることしかできなかった。


ファリィは、ルウメリオンの分裂した魂を探すため、耳を澄ませ、この惑星に住んでいる無数の生物の魂が発する「声」を聞いた。

ほとんど起伏のない「声」はおそらく、ひどく小さな生物のものだろう。
静かに佇む「声」は植物だろう。
凄い勢いで言語らしきものを発するのは、この建物を作った人類のものだろう。

「でも、なんか変だな・・・。」
「「声」が他の宇宙に較べて元気がない。」

ルウメリオン固有の「声」は多くの生物が発する「声」の唸りの中で小さく光輝を放ち、ファリィはすぐに見つけることが出来た。
しばらく聞き入った後、「ここのルウメリオンは、もう結婚しているのか・・・。」
「少し遅かったようだ。」


ファリィは、少々出遅れたようだった。
わざわざ誰かと結婚しているルウメリオンの前に現れて、たぶん幸せに暮らしている彼女の生活を壊すようなことはしたくなかった。

「・・・・・・。」










「うぎゃ」
「なんだこの声は。」


ファリィが聞いたのは、寂寥と絶望、孤独と苦悩が絡み合った「声」だった。
その「声」はせつなく、悲しく冷え切っていた。
それは、何もかも否定する感情で惑星を薄く包み込んでいた。

「声」の向こう側には小さな少女がいた。
放置しておけば、この世界を壊しかねないとファリィは思った。
ましてそれが小さな少女であることに、ファリィはいたたまれなくなった。