home index previous next

第12話 リフレイン その3

「あ・・・、
 わたしにもお迎えが来たわ・・・。」


「君の死を看取りに来たわけじゃあない。」
「え?」

「私がこの建物の上にいたら、苦しみと悲しみでいっぱいの声が聞こえてきた。」
「それは君の声だ。あまりにひどいので見に来たのだ。」

「?????。天使じゃないの?」

「そんなものは知らない。私は通りすがりの宇宙人だ。」
「いったい何がそんなに悲しいのだ?」





「わたし・・・、治らない病気なの。もうすぐ死ぬの。」


「その病気が治ったら、悲しくなくなるか?」
「病気が治ったら?」


「・・・わたしね、退院しても帰るお家がないの。」
「家を建ててあげたら、悲しくなくなるか?」

「わたしね、お父ちゃんもお母ちゃんもいないの。」
「では、私がお父ちゃんとお母ちゃんになってあげよう。」
「それで悲しくなくなるな?」




「通りすがりの人がどうしてそんなことを言うの?できるわけないじゃない。」
「君の声を聞いてしまったから、もう私はただの通りすがりの人ではない。」
「それに、私にできないことはない。」

「まずは病気を治してあげよう・・・。」


ファリィは少女の身体を見透し、少女の遺伝子からかくあるべき肉体を想定して現在の少女の身体と比較した。
そして、病気になっている部分と原因を特定した。

からだの分析は0.5秒で終了したが、治療には1週間かけた。
ファリィは、この1週間で少女を引き取る社会的準備を整えた。
自分の身分証明をひねりだし、お金をこねりだし、家を買い求め、少女を引き取る手続きを済ませた。



ファリィと暮らし始めた少女には、悲しむ原因がなくなった。

「でも、お父ちゃんとお母ちゃんになるっていうのがまだだわ。」
「私はどっちにでもなれる。どっちがいい?
「・・・お父ちゃんがいい。」


「お父ちゃんというのは、おとこだったなぁ・・・。」