home index previous next

第12話 リフレイン その4

「ひゃあああああ〜〜〜?」

男の姿になったファリィを見て、少女は眼を丸くした。
長いまつげに長い髪、薄い胸、細い腰・・・。
父ちゃんといえば病院の医師達のような大人の男性を想像していた少女には、ファリィの姿はどうしても女性っぽく見えてしかたがなかった。

あ〜〜でも、ま、いいか・・・お父ちゃん。お父ちゃん!!





ファリィは、広大な敷地を持った1軒の大きな家で、少女と暮らし始めた。

ファリィは、ルゥメリオンの一部分の魂が転生した人物が寿命で死ぬまでこの世界にいるつもりだった。
時間は充分にあった。