home index previous next

第12話 リフレイン その5


ファリィは、少女のために食事を作り、掃除や洗濯、家事全般を喜々としてこなしていった。
少女を学校へ行かせ、宿題につきあい、寝るときにはベッドの中でいろんな物語を語って聞かせた。

日曜日には遠出をし、街で買い物、レストランで食事、その他遊園地、動物園、水族館、美術館、博物館、プール、海水浴、釣り、キャンプ、ハイキング、ピクニック、などなど、長い入院生活を埋め合わせるかのように2人であちこち遊び回った。
少女は新しい体験をするたびに、新鮮な感動を表していった。
ファリィは、そんな少女を見るのがとても嬉しかった。

少女が幸せでいると、この世界も幸せだった。



ある日、ファリィが少女に聞いた。
「君は将来、何になりたい?」



「わたし、作家になりたい。」