home index previous next

第12話 リフレイン その6


「あ〜、う〜。」




「わたし、作家になりたい。」
と言っていた少女が、2年もすると今度は、
「わたし、ケーキ屋さんになりたい。」と言い出した。

「だって、お話が進まないんですもの。私、きっと、才能がないのね。」


少女が入院していたときは、小説を書く動機は充分にあったのだろう。
しかし、今はもう、そのような動機が薄れてしまっていた。

自分は不幸だと考えていた経験が、この2年の間に昇華してしまったのだろう。



ファリィと少女は、ケーキ作りに没頭することになった。