home index previous next

第12話 リフレイン その9

「え?わたしの正体を聞きたいって?」

「だって、通りすがりの宇宙人だということぐらいしか、話してくれていないじゃない。」

「そうだったなー。」



「えーと、産まれたのはセーレンという星で、こことは別の宇宙にあった・・・。」
「わくわく。」



「産まれたときには、私の他には誰もいなくなっていた。」
「えーーーーーー?」

「私は、長い間ひとりぼっちで森の中をさまよっていた。」
「森は勝手気ままに生い茂った植物でいっぱいだった。」

「すごいジャングルみたいなトコ?恐そう〜〜。」
「植物は、私の親戚みたいなものだった。いろいろ語ってくれたけど、どこか遠くのことのようで面白くなかった。」

ファリィは、長い長い長〜〜〜〜〜〜〜〜い物語を始めた。






「ぐーーーーー ̄▽ ̄」
「はい、おやすみ。」