home index previous next

第12話 リフレイン その12


それから100年の間、2人は幸せに過ごした。

少女は、他の人々と同じように成長し、大人になり、子供を産み、年を取っていった。
2人の子供達も大人になり、独立し、巣立っていった。
確かに、彼女の子孫は大繁栄していた。



ある日、
もはやおばあさんになっていた彼女がファリィを見つめながら言った。

「わたし、生きるだけ生きたわ。」

それは、人生に満足した者が言う言葉のようだった。しかし、・・・。

「でも、なにか足りないような気がする。」

「・・・何が、足りないんだろう。」

「わからないわ。けど、人間ってそんなものなのね、たぶん。」
彼女はそれだけを言うと、目を閉じ、眠るように息を引き取った。









その後、ファリィはルウメリオンの魂を回収すると、元の世界へ戻っていった。







ファリィの傍らには、老いた肉体から抜け出てきた少女の魂が寄り添っていた。
ファリィと少女は、足りなかった「何か」を追求するつもりらしい。