home index previous next

第16話 プラムスター物語 「星のこと」


その星の住人には翼が生えておりました。
こっそり紛れ込んだファリィは羽根を伸ばして、
優雅に学生生活を楽しんでおりました。




ある日のこと、なにやら暴力的な宇宙人が攻めてきました。
衛星軌道上からいきなりの爆撃です。
どかどかどかどか




ファリィは友人やら知り合いやら、ご近所の人や通りすがりの人を救助し、
この星を脱出しました。



くおおおおおおおおおおおおおおおおおお!









この星は「プラムスター」と呼ばれていました。
プラムスターの住人達は、別の太陽系からの避難民でした。

彼らの母星はとりあえず平和で、宇宙開発なんかにもぼちぼち取りかかっていたところだったのですが、
いきなり攻めてきた謎の宇宙人に滅ぼされてしまったのです。


戦争が起きた丁度そのとき、彼らの母星には放浪の宇宙人が1人、内緒で暮らしていました。
この放浪の宇宙人は、知り合った友人知人、隣近所、いきあたりばったりの人々を連れ、
プラムスターへ脱出して来ました。

放浪の宇宙人は、避難民達にサバイバルツールや簡易発電機などを提供しました。
鉱山を探し、油田を探し、太陽光発電所を建設しました。
しかし避難民の人数はとても少なく、母星での生活を維持することはできませんでした。
日々の生活の中で母星の思い出は技術文明とともに風化していきました。

放浪の宇宙人はしばらく彼らとともに生活した後、いつのまにか、この星から立ち去っていました。




・・・・・・・・1000年後。
すでに母星の記憶や脱出行のことは伝説の中に埋もれていました。
放浪の宇宙人のことも、彼女が衛星軌道に残していった巨大な宇宙船とともに伝説になりました。