home index previous next

第16話 プラムスター物語 「猫になった青年のこと



ぽかぽかと晴れたお昼どき、丘の上の大きな館の次期当主の青年が中腹をのんきにお散歩してました。

・・・・カチッ☆ドッカーン!「にゃぁーっ!!!!」
 青年は地雷を踏んでしまったのです。



 幸運なことにその地雷は火薬が詰まった凶悪な地雷ではなく、踏むと猫になる呪いが入った猫地雷でした。
 怪我はないけど猫になってしまった青年はとぼとぼと館に帰りました。

自分のことを皆が判らなかったらどおしようーなんて心配してたのですが、
館の人々は、青年がまた変なこと始めたなー程度の反応しかしてくれませんでした。
 館の人々が心配してくれないので、青年は自分の部屋で少しむくれていました。


丘の上の大きな館のメイドさんは、次期当主が猫になって帰ってきたのを見てひどく驚きました。
 普段から受けを狙って異世界な行動をする青年でしたが、
いくらなんでも本格的に猫になってしまうとは予想できなかったのです。


しかし、館の中を掃除し尽くしてきたメイドさんは、猫地雷の呪いを解く薬がどこにあるのか知っていました。
 さっそく薬を持っていくと、心配してくれる人が現れた青年は大喜びしました。



 3ヶ月後、
 「なんでこの薬は444回も飲まないと効かないのだ?」と青年は楽しそうに聞いています。
 「そういう薬なんです。ちゃんと飲まないと人間に戻れませんからね。」と、
まじめな表情で答えるメイドさんの左手の薬指には青年からもらった婚約指輪が光っていました。



「君は猫が好き?」
「ええ、でも猫があなただから好き。」


Congratulations on your marriage!