home index previous next

第16話 プラムスター物語 「若様のこと


次期当主にかかった呪いは、完全には解けませんでした。

 夜は人間に戻るのですが、昼は猫のままだったのです。
 お嫁さんは大の猫好きだったので、気にしませんでした。
 もしくは、彼女の好みを知った青年が望んだのかもしれません。

 やがて、猫のような耳と尻尾を持った子供たちが産まれました。






息子 「とうさま、ぼくね、あの高い空の鯨を釣りたいなーって思うんだ。」
 猫化父「あれは父さんのご先祖様がこの星に残していったものにゃ。」

息子「うちのご先祖様が残したもの?」
猫化父「伝説の魔法使いにゃ。」