home index previous next

第16話 プラムスター物語 「娘のおみやげのこと


若様の姉の1人は、歩いて30分ほどかかる隣の館でメイドさんとして働いています。

 お姉さんは、おつかいで実家へ帰ってきました。
 途中で近所のおばちゃんが果物をくれました。
 さっそく猫化父に発見されて、1/4ほど取られてしまいました(笑)



 プラムスターの人口は1,500万人程で、多くの小さな集落を作って暮らしています。
 集落は数百人ほどの規模で、果樹園などを経営する「館」がいくつかと、その従業員達と、小さな商店、郵便屋さん、その他の人々が住んでいます。

 集落の子供達は、14歳まで「館」にある学校に通っています。
 それぞれの「館」には「先生」がいます。有名な「先生」のところには、遙か遠くの村から特別に教えをこうためにやってきた生徒がいたりします。こういう人たちは「書生」と呼ばれています。

 「館」には、当主一家の他に、「先生」とか「書生」とか村の子供達とか大勢の人間が出入りしているため、メイドさんはたくさんいます。
 メイドさんには村の娘もいますが、別の「館」の子女が勤めることも多いようです。 
この娘たちの狙いは、「館」の若様のお嫁さんになることです(笑)。

 では、「館」の息子達が何をしているかというと、「先生」になるか「医者」になる者が多いようです。
 

ちなみに、猫化父の奥様は、海の近くの館の出身です。