home index previous next

第16話 プラムスター物語 「秋の日の写真」


のんきな人々はファリィの話を何か遠い出来事のように受け止めました。
つまり、誰も防衛に立ち上がらなかったのです。
1000年前の脱出が伝説になっている現在では、
それがもう一度起こると言われても
ほとんど何のことやら判らなかったのでした。


ファリィはなんとなくやる気をなくしてしまいました。

最後に立ち寄った海辺の館では、どこか気の毒に思ったのか
ファリィに滞在を勧めてくれました。





「ぼく、泳げるようになったよ。」
「次は浮き輪を外してみましょう。」





「ぼくはいつか、本に書いてあるような冒険をしてみたい。」
「本に書いてないような冒険というのも面白いわよ。」

「え?」







館の少年は、近頃心が弾んでいます。
 夏の間、母の実家(海の館)に滞在していた旅のおねーさんが、
家庭教師として館に来ることになったからです。

 おねーさんは館の広間に飾ってあるご先祖様の写真によく似た人で、
初対面の時から他人のような気がしませんでした。

 少年は、おねーさんから異国の話を聞いたり、
本の秘密を教えてもらったり、
一緒に海で泳いだりしながら夏を過ごし、
すっかりおねーさんを好きになっていました。




 秋が始まる頃、おねーさんが写真機を持ち出して、猫化父とくつろぐ少年を撮影しました。