home index previous next

第16話 プラムスター物語 「静かな朝」


攻めてくる敵にもなにか都合があるのだろうし、
戦えば敵を滅ぼすのは簡単なことだけど、
むやみに生命を殺すのは良くないことだと思うので、
ファリィはプラムスターを救う動機を求めていました。

前回は知り合いを助けるため・・・でした。
今はどうなのでしょうか。





「空の鯨は、うちのご先祖様が残したものだって父様が言っていたんだ。」
「そうね。でもあれが本当は何なのか、知っている人はもう誰もいない。」

「あれは、君たちをプラムスターへ運んできたスターシップ。」

「・・・先生、知ってるの?」


「君が大きくなったら話してあげます。」


「ぼくはもう大人だよ。」
「ふ〜〜〜ん。そうなの?」
「そうだよ。」






「ね?」

「そうね。君はもう大人ね。」
「では君をプラムスター防衛隊に任命します。」

「ええ?」




おねーさんは、1000年前のことを少年に話しました。
プラムスターの人々の母星を滅ぼした侵略者が、再び襲ってくることも話しました。

少年は、侵略者を迎え撃つプラムスターの代表者に任命されてしまいました。



ファリィは動機を見つけました。

そういうわけで、おねーさんと少年の、二人だけの迎撃戦が始まりました。