home index previous next

第16話 プラムスター物語 「旅立ちの日」



「先生・・・髪の色が白くなっているよ・・・。」

「赤ちゃんの髪が金色になりそうだから、黒髪やめるのよ。」
「変に勘ぐられるのイヤだから。」

「赤ちゃんて・・・」

「できるわよ、まあ、そのうちに。」






などと2人が和んでいる間にも、敵船団はプラムスターへ向かって発進しつつあったのでした。

もっとも、敵船はあまりにスピードが遅かったので、到着までまだしばらくかかります。





ごぼごぼごぼごぼ(注:エンジン音)

















・・・しばらくしました。




作者より:やっぱ宇宙モノは松本零士先生だよねぇ⌒∇⌒