home index previous next

第16話 プラムスター物語 「夏への扉」


「その扉の向こう側には夏があると、彼は信じているんだ。」

「そういう本を読んだことがある。」
「ずいぶん古い本だった。」





「昔、小さいとき、みんなでかくれんぼをしたことがあった。」
「季節は冬。館の外は何日も降り続いた雪で何もかも深く埋まっていた。」

「ボクは館の奥深くに隠れた。」
「入ったこともない暗い部屋の、さらに棚の下へ潜り込み、息を潜めて隠れたんだ。」


「でも、いつまでたってもオニは来なかった。その場所は完璧な隠れ場所だった。」

「少し退屈しだしたボクは、身体の下にあった本を読み始めた。」

「それが夏への扉。」
「ボクは、冬の間その本に夢中になった。」







「夏には、楽しい時間がある。」

「空には太陽があって、いつまでも歩くことができる。」
「どこまでだって行ける。」

「原っぱに行けば友達もいて、いっしょに走ることができる。」

「長い幸せな毎日。」

「夜だって、透明な空に星がいっぱい。」
「涼やかな闇。」



「夏は夢や希望を実現できる季節。」

「そういうものへの期待の言葉。」








「ボクは今、夏の中にいるんだと思う。」


「先生が、夏への扉を開けてくれたんだ。」