home index previous next

第16話 プラムスター物語 「月は無慈悲な夜の女王」




「敵が来る前に、敵を向かえるために、敵を討つ理由を作った。」

「君たちには、滅ばされるのはイヤだから戦うという理由がある。」

「私が手を貸すための理由が必要だった。私が滅ぼされるわけではないし。」

「今はここに立派な理由がある。」


「君が望んだ夏がここにあるから。」