home index previous next

第16話 プラムスター物語 「おはよう」


戦いは終わりました。
プラムスターは何も変わらず宇宙に浮いています。




「本当に金色の髪だ。」
「しっぽと猫耳もある。」
「ボクの娘だ。」




家庭教師のおねーさんは館の少年の子供を産みました。


「この子や、私たちの未来の子供達のために、君の夏はまだまだ続くのよ。」

館の少年はもう大人です。











「初孫だ。」




猫化父は猫化祖父になってしまいました。
修行に出た息子が同行した家庭教師と子供を作って帰宅したのです。

「あなた、まだ首が据わっていないんだからそんな抱き方はダメですよ。」
「あらら、ごめんねー。」
「ほら、かしてごらんなさい。」

祖父と祖母の間で孫の取り合いが始まってしまいました。


館ではこんな調子で、
若様が若すぎるーとか、
修行といいつつ、2人でいったいナニをしていたんだーとか、
そういうことは問題にならなかったようです。