home index previous next

第16話 プラムスター物語 「真夏生まれに愛を込めて」


あのとき敵船団からプラムスターへ送られた通信は、結局、誰も受けることができませんでした。
プラムスターにそういう通信設備がなかったのでしかたがありません。
住人達は夜空に輝いた強烈な光を不振に思いましたが、宇宙で本当は何が起きていたが全く知りませんでした。

少年が英雄として有名になることはありませんでした。
でも、少年の館の物語には新しい伝説が加わりました。
「人類に真の危機が迫ったとき、空のくじらが降りてくる。」と。

家庭教師のおねーさんと少年は結婚し、猫化父の館を引き継ぐことになりました。


若様の兄弟姉妹達も成長し、それぞれ館から出ていきました。

隣の館にメイドさんとして勤めていた娘は、その館の次代当主と結婚しました。

友人に人間の姿をした父を紹介していた娘は、「先生」になって遠くの街へ旅立ちました。







月日は経ち、少年は大人になり、今ではその娘も大きくなりました。
たくさん生まれた妹達や弟達にも猫耳があります。
どうやら猫耳は遺伝的に固定化してしまったようです。




「放浪の宇宙人」は、しばし放浪を止め、プラムスターで幸せに暮らしました。


めでたしめでたし。


<プラムスター物語・・・おしまい>

























********************************
エピローグ

数百年後、ニャン・ミア族がプラムスターに押し寄せて来た。

ニャン・ミア族は、種族の始祖を求めて全宇宙を捜索しており、プラムスターにその痕跡を認めたのだった。

すなわち、「放浪の宇宙人」こそ求めている始祖であると。



始祖がプラムスターに血筋を残していることを知ったニャン・ミア族は、あの手この手で婚姻関係を結んでいった。


さらに数百年後。

プラムスターの住人はニャン・ミア族に融合してしまっていた。

そして、

今度は自分たちの船で宇宙へ広がっていった。



作注:この辺参照のこと。あと、この辺も。