home index previous next

第15話 ライムスター 「潜入」


「彼ノ現在地ハ、眼下ノ半島先端付近。高度250mヲ毎時25kmデ南ヘ移動中。」
「現地ノ気温ハ摂氏23度。湿度、63%。天候ハ晴レ。時刻ハ午前5時43分。」

「現時点ヲモッテ薔薇ノ女王号ハ艦長ノふぉろーニ入ル。」

「デワ、艦長、イッテラッシャイマセ。」

「いってきます。」

しゅばっ〜〜〜〜〜ごーーーーーーーぼわぼわぼわぐおおおお(大気圏突入中)










「目標到着、5秒前、4、3、2、1、・・・・。」






「着地成功。」













「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」





「これは、なんでしょうか?」



「奥様にお知らせした方がいいでしょうか。」


ぬいぐるみのくまのようなモノが変な壺を発見した。








「郵便物・・・にしては見たことがないタイプだなぁ〜。」






「おーい、ポチ、危険かもしれないからあまり近づくな〜。」












「でも〜旦那様〜」





















「子供が入っているんですけど〜」

「ねてるし。」




つづく