home index previous next

第15話 ライムスター 「肉迫」



「あ、おきた。」



「旦那様〜〜生きています。」

「見れば判る・・・捨て子かなー・・・。」



「拾ってしまったんだ、しようがない。」


「女の子で〜す。」



「息子に妹が出来たってことだなー。」






「私はぬいぐるみ型の家庭史記録装置。
名前はポチ。
この家の奥様が結婚したときのお祝いの品でした。

それ以来、私はこの家族の歴史を記録しているのです。」




「今朝早く、空から女の子が降ってきました。

驚いたことに、女の子が入っていた壺のような物は希少金属の固まりだったのです。」


「壺の中には紙片が1枚置いてあり、わずか2行の文書が書いてありました。

女の子の名前はファリィ。

壺は養育費にしてくれ・・・・・・と。」

「 旦那様は早速ブローカーに売り払い、多額の養育費を手に入れました。」



「奥様の1人息子のルゥ坊ちゃんは、小さな妹が出来て、とてもうれしそうでした。」








「今日からぼくがおにいちゃんだよー。」

「おー。」




「重いですー。」

「ふわふわ〜。」

「いえ、ふわふわ〜じゃなくてー。」

「むぎゅう〜。」




「2人の兄妹はすくすく育ち、よく2人で一緒に遊んでいました。」





「今日先生が言っていたんだけどね。ぼくたちが生まれた星は今改造中なんだって。」

「そこで全員このライム星へ移住したんだって。」






「故郷の星には誰もいないの?」


「結婚するとハネムーンで行けるそうだよ。」





「おにーちゃん、いつか一緒に行こうねー。」

「んー?」

「やくそくー⌒∇⌒」


「いいよ。」





「嬢ちゃん、なにか坊ちゃんとやくそくしたんですかー?」


「へへへ、ないしょ。」


「記録するのが私の仕事ですから、教えてくださいよー。」


「いつか教えてあげる。」


「そんな殺生な〜。」















「ある時期、女の子は男の子より成長が早いものです。」



「おにいちゃ〜〜〜〜〜〜〜んんん。」

「なんだーーーあ?え?うわっ。」




「あそびましょー。」

「もしかしたら、みえてるかもしれません。」

「なにが?」

「ぱんつ。」








つづく