home index previous next

第15話 ライムスター 「禁断」


すくすくすくすくすくすくすくすく
すくすくすくすくすくすくすくすく
すくすくすくすくすくすくすくすく
すくすくすくすくすくすくすくすく
すくすくすくすくすくすくすくすく
すくすくすくすくすくすくすくすく
すくすくすくすくすくすくすくすく
すくすくすくすくすくすくすくすく
すくすくすくすくす・・・・・・・・と
順調に育っていく2人。


でもファリィはときどき羽を伸ばしたくなって、
船の下の、秘密の場所に来ます。

ポチにも内緒です。












「嬢ちゃん、なにか坊ちゃんとやくそくしたんですかー?」

「まだ言ってのポチ〜〜。・・・・・ってナニ持って行くのよー。」

「教えてくれたら返しますよぉ〜〜〜〜。」



ポチはファリィのブラジャーをひとじちにとった。

かえす>1
かえさない>0



この後、ポチはお母さんからこっぴどく叱られました(笑)
















「このごろ、嬢ちゃんが大人っぽくなってきた。」

「それも記録するの?」

「いえ、ただの感想です。」

「まだ私は子供だわ。」

「おにーちゃんもまだ子供。」

「そーですね。お二人ともまだまだ子供です。」



「来年あたりかしらね。」

「?」
「また秘密ですか?」


「秘密〜。」


























「来年かしら・・・と嬢ちゃんが言って、次の年のこと。」

















ある夜。






「坊ちゃんが嬢ちゃんの部屋へ呼ばれ・・・。」




がちゃん。


「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

「え?ファリィ?」

















「お・に・い・ちゃ・ん。」


「きてー。」





「きて〜ってなに?え?どーいう?」






「どーゆーもこーゆーもないでしょ?」

「結婚して故郷の星へ一緒に行くって約束したでしょ?」

「だ・か・らっ、おに〜ちゃ〜ん。」





「そーゆー約束だったのですか。」



つづく